:note

mg:note

ちらしのうらがきです

brew-services が変わる

先日覚えた brew services コマンドつかっていたら warning がでた Warning: brew services is unsupported and will be removed soon. You should use launchctl instead. Please feel free volunteer to support it in a tap. Redact “brew services” or move to separate project · Issue #28657 · Homebrew/homebrew 変わるんだ

Scalaをhomebrewでインストール

業務で使っている takezoe/gitbucket のさらなる理解と jar を生成できる言語を一つ習得しておいた方が今後よさそう、ということで The Scala Programming Language homebrew で ver 2.9, 2.10, 2.11 をインストールでき

brew services で自動起動設定

homebrew でインストールした mongodb, gitbucket などの自動起動を launchctl コマンドのかわりに brew services コマンドをつかって設定する たとえば gitbucket % brew info gitbucket gitbucket: stable 2.0, HEAD https://github.com/takezoe/gitbucket /usr/local/Cellar/gitbucket/2.0 (3 files, 48M) * Built from source From: https://github.com/Homebrew/homebrew/commits/master/Library/Formula/gitbucket.rb ==>

TextMateのBundleSupportの内容

TextMateの Bundle のヘルパーの内容を確認しておくため一覧してみた。 BundleSupportのパス ENV["TM_SUPPORT_PATH"] == "~/Library/Application Support/TextMate/Managed/Bundles/Bundle Support.tmbundle/Support/shared" $ tree ~/Library/Application\ Support/TextMate/Managed/Bundles/Bundle\ Support.tmbundle/Support/shared . ├── Sounds │ ├── Harp.wav

haml-pre-indent

middlemanで(に限らず) hamlでpreタグ内が、2行目からインデントされてしまうのを直す = preserve do = yield preserve do ブロックに入れるといい 参考に

back to top