:note

mg:note

ちらしのうらがきです

InDesign.jsxでdate-util.jsを使う

JerrySievert/date-utils: Date Pollyfills for Node.js and Browser 適当な場所に date-utils/date-utils.js を配置して実行。 #include "/path/to/date-utils.js" #target "indesign" var dt = new Date(); var datetime = dt.toFormat("YYYY-MM-DD-HH24-MI-SS"); $.writeln(datetime); // => 2016-06-16-10-24-41 minifyされた date-utils.min.js の方は案の定エラーになる。

node.jsのアップデート

放置気味だった node.js環境を更新 nvm自体をアップデート % cd ~/.nvm % git pull origin master % nvm --version 0.29.0 v4, v5, v6系をインストール v4.2.1->v4.4

brew no beer

しばらく、 export HOMEBREW_NO_EMOJI=1 で homebrew のビールを消していたのだけど、 アイコン変えてみたくなったので、 export HOMEBREW_INSTALL_BADGE="

gitでマージ前の状態に push -f

トピックブランチをマージしてリリースしたのに、一度マージする前にもどさないといけなかった時の手順 $ git push -f origin HEAD~:master リモートをローカルのひとつ前の状

middleman-blogの同日articleの問題を修正

同日の date があると previous_article, next_article の挙動がおかしかったのでしらべた。 参考 previous_article, next_article wrong results if more articles on same day · Issue #241 · middleman/middleman-blog Frontmatterのdate: が YYYY-MM-DD だったのをti

InDesign.jsx dropcapDetailメモ

和文だとほとんど使わない、ドロップキャップの dropcapDetail の値が謎だったので調べた。 枠の部分を dropcapDetail の値で表現している。 var doc = app.documents[0]; var dr = doc.paragraphStyles.item("dr"); $.writeln(dr.dropcapDetail); // 0 => フレームグリ

TextMateとRictyでCTFontCreateWithName

yascentur/Ricty: Ricty --- fonts for programming を v3.2.2からv4.0.1に差替えた後で、Console.appを使ってて気づいたのだけど 2016/04/13 9:30:32.209 TextMate[1004]: CoreText performance note: Client called CTFontCreateWithName() using name "Ricty" and got font with PostScript

back to top