:note

グラフィック化でオーバープリントONになる

今回は[紙色]は大丈夫。でもやっぱり危ない。

InDesign で通常、[黒]は特別な色として扱われていて

[CS2、CS3の場合] 環境設定>黒の表示方法> [黒]スウォッチを100%でオーバープリントにチェック が入っていたら、個々にオーバープリントにチェックを入れなくても、[黒]100%はオーバープリントになります。

グラフィック化でオーバープリントONになる /images/2010/09/513-black_is_overprint.png

その設定で、[黒]テキストをグラフィック化すると、オーバープリントにチェックがかかる。

そのまま、知らずに後で色を変えたりすると…(以下略)

InDesign には、2種類のグラフィック化があります。

■テキストフレームを選択して実行**(下線、打ち消し線、段落境界線、親のテキストフレームなどが消える)

グラフィック化でオーバープリントONになる /images/2010/09/514-blact_text.png

●オーバープリントにチェックが入る**(色をかえてもチェックママ)

グラフィック化でオーバープリントONになる /images/2010/09/515-black_textframe_outline.png

●さすがに[紙色]に変更した場合はチェックが外れます

グラフィック化でオーバープリントONになる /images/2010/09/517-outlined_text_set_paper.png

■テキストフレーム内のテキストを範囲選択して実行**(下線、打ち消し線は消える。段落境界線は残る。インラインオブジェクトになる)

グラフィック化でオーバープリントONになる /images/2010/09/516-black_textrange_outline.png

やはり、オバプリオンでいっしょでした。(CS2とCS3の場合)

var selObj=app.selection[0];
var outTex=selObj.createOutlines();
try{
  outTex[0].overprintFill=false;
}
catch(e){}

try{
  outTex[0].overprintStroke=false;
}
catch(e){}

//selObj.createOutlines(false);
//DeleteOriginalオプションを"false"にすると
//元のテキストを削除せずに、別オブジェクトとしてグラフィック化

090711Sat0000ころ。追記

さらに細かく検証されてるところによると、CS〜CS4でもなるのですね。

オーバープリントオフにするスクリプトを「グラフィック化」のショートカットにあてるか、こうなるものとして、人力チェックが必須なんてどうかしてる。 [4008][InDesign]InDesignで[黒]の文字をグラフィックス化(アウトライン化)するとオーバープリントの属性が設定される

 
comments powered by Disqus
back to top