:note

段落境界線の色を(テキストカラー)にしていると...

最近お気に入りの Эффективная работа в Adobe InDesign (adobeindesign.ru) にて Влияние цвета краевых символов на цвет абзацных линеек 「段落境界線に影響を及ぼす文字の色(意訳)」に紹介されていた件について。

どこかに紹介されているのかもしませんが、自分は知りませんでした。 段落境界線の色を「テキストカラー」にしていて、段落の最初および最後の一文字に色をつけると、前境界線および後境界線にその色が反映されてしまいます。例えば、ベースの段落スタイルは文字カラー[黒]に設定して、最初の一文字、最後の一文字をそれぞれ[C=100][M=100]にすると

段落境界線の色を(テキストカラー)にしていると... /images/2010/09/595-ruleabove_below.jpg

境界線のカラーが(テキストカラー)の場合、こういう状態になります。つまり

  • 段落境界線をテキストカラーにしていると
  • 前境界線は段落最初の文字カラーに影響される
  • 後境界線は段落最後の文字カラーに影響される

そんなことするかは、わかりませんが、段落の最初か最後の一文字目を文字カラーを[なし]や[紙色]にしてたら…境界線はその色になってしまいます。[なし]なら完璧消えます。

段落境界線の色を(テキストカラー)にしていると... /images/2010/09/596-rulebelowsetting.jpg

境界線のカラーが意図せず変わってほしくなければ、(テキストカラー)は使用しない方がよいのかもしれません。とも一概に言えませんが、起こりうる現象の一つとしてメモメモ。

090830(sun)2130ころ追記

このロシア語のサイト adobeindesign.ru ですが、javascriptも割と紹介されています。ダウンロードして、開いてみれば、スクリプト自体は英語(コメントやダイアログの内容はロシア語だったりしますが)で書かれているので、勉強中のひとは参考になるかと思います。あとわたしロシア語ぜんぜんわかりませーん。ので、GoogleTranslateでとりあえず英語にしてみると結構読めますよ。いきなりロシア語から日本語に翻訳しようなんて欲張ってはいけません。急がば回れです。

 
comments powered by Disqus
back to top