:note

「JR線路」を作るとき

中綴さんのところの Double-talk Publisher -「InDesignで「JR線路」を作る」 をためしてみるわけですが、鉛筆ツールでののの…と作ってみて、出来上がったJRの線路がなんだか生々しい。リズム感が無い人がクォンタイズなしで打ち込みしたずれずれなリズムみたいな……なぜだかとおもったら、プリセットの点線を使っていたからでした。 InDesignの素敵な機能のひとつとして「点線の角の調整」があります。プリセットの点線では、この調整がオンな状態なので、うまい具合にアンカーポイントで線が来るようになっていて、角っこが間隔が開いてしまうことはありません。カスタム点線を選べば、その調整もオンオフができます。

「JR線路」を作るとき /images/2010/09/599-dot_rectangle.jpg
最初につくった生々しいJR線路は一番右のです。アンカーポイントに線が来るようになっているので、点線が等間隔になっていません。ミミズが移動する時の体節を思い出してしまいます。
「JR線路」を作るとき /images/2010/09/597-line_like_jr.jpg

そういう時は、「角:なし」にすれば、等間隔になるのでした。

「JR線路」を作るとき /images/2010/09/598-line_panel.jpg

 
comments powered by Disqus
back to top