:note

InDesignでしゅしゅっとしたものを作る

InDesignでしゅしゅっとしたものを作る /images/2010/09/619-chouchou_grass.jpg

InDesignには、IllustratorやPhotoshopのようなブラシがないので、スクリプトで強弱のある線のようなものをつくってみる。

黒でつくるとあれっぽいので、今回はミドリで生成。

/*
しゅしゅっとしたものを作る
"make grumpy triangles"
使い方:
最前面のドキュメントのサイズいっぱいに、
髪の毛のような、草原のようなものをしゅしゅっとつくります。
開いているドキュメントがなければ新規ドキュメントを勝手に作って実行します。
動作確認:OS10.4.11 InDesign CS3
milligramme
www.milligramme.cc
*/
if(app.documents.length == 0){
var doc=app.documents.add();
}
var doc=app.documents[0];
var dWidth=doc.documentPreferences.pageWidth;
var dHeight=doc.documentPreferences.pageHeight;
//いじるとかわるパラメーター
var chouchouValue=50;//しゅしゅの数
var chouchouArea=dHeight*0.3;//(0〜1)先っぽがドキュメントの高さの上からどのくらいに分布させるか
var rootMaxWidth=3;//根もとの太さ、ふとくすると本体も太ります
//
//緑色をつくる
try{
var colorObj=doc.colors.add({model:ColorModel.PROCESS, space:ColorSpace.CMYK, colorValue:[80,0,100,0], name:"C=80 M=0 Y=100 K=0"})
}catch(e){}
var colorObj=doc.colors.itemByName("C=80 M=0 Y=100 K=0");
for(var i=0; i < chouchouValue; i++){
var yTop=chouchouArea-chouchouArea*Math.random();
var xTop=dWidth*Math.random();
var xRoot1=dWidth*Math.random();
var yRoot=dHeight;
var xRoot2=xRoot1+rootMaxWidth*Math.random();
var xTopL=xTop+Math.random()*chouchouArea;
var yTopL=yTop+Math.random()*chouchouArea;
var xTopR=xTopL+Math.random()*rootMaxWidth;
var yTopR=yTopL+Math.random()*rootMaxWidth;
var chouchouPath=new Array();
//頂点に方向線をもった三角形のような座標の配列
chouchouPath.push([[xTopL,yTopL],[xTop,yTop],[xTopR,yTopR]],[xRoot1,yRoot],[xRoot2,yRoot]);
var seed=doc.rectangles.add();//四角形を作って
seed.paths[0].entirePath=chouchouPath;//入れ替える
//色等の設定
seed.fillColor=colorObj;//塗り
seed.strokeWeight=0.1;//線の太さ
seed.strokeColor="Paper";//線の色
//濃度50%以上でランダムに
seed.fillTint=50+50*Math.random();
//または
//不透明度を50%以上でランダムに
//seed.fillTransparencySettings.blendingSettings.opacity=50+50*Math.random();
}
 
comments powered by Disqus
back to top