:note

InDesignでぷつぷつ分布

InDesignでぷつぷつ分布 /images/2010/09/623-dot.jpg

ドキュメント上にランダムなドットを少しずつ範囲を広げながら、ぷつぷつしたグラデーション?のようなものを描いていきます。

ステップ毎に別レイヤーに描いていきます。

ぷつぷつの分布方向はテンキーパッドのキートップをイメージしたパラメータで設定します。

テンキーパッドがないと直感的でないかもしれません。

// topLeftToBottomRight 左上から右下
var gDirection=73;
InDesignでぷつぷつ分布 /images/2010/09/620-dot73.jpg
// topToBottom 上から下に
var gDirection=82;
InDesignでぷつぷつ分布 /images/2010/09/621-dot82.jpg
// LeftToRight 左から右に
var gDirection=46;
InDesignでぷつぷつ分布 /images/2010/09/622-dot46.jpg

ぞわぞわしてきた。

/*
ぷつぷつ分布
"make distributed dots"
使い方:
最前面のドキュメントのサイズいっぱいに、
ランダムドットで少しずつ広げながら、グラデーションのようなものをつくります。
開いているドキュメントがなければ新規ドキュメントを勝手に作って実行します。
ステップ毎にレイヤー分けしていきます。
動作確認:OS10.4.11 InDesign CS3
milligramme
www.milligramme.cc
*/
if(app.documents.length == 0){
  var doc=app.documents.add();
}
var doc=app.documents[0];
var dWidth=doc.documentPreferences.pageWidth;
var dHeight=doc.documentPreferences.pageHeight;

//いじるとかわるパラメーター
//ぷつぷつの方向
var gDirection=73;//topLeftToBottomRight
//var gDirection=82;//topToBottom
//var gDirection=46;//LeftToRight
var areaDevide=8;//ドキュメントの分割数(ステップ数)
var dotR=2;//ぷつぷつの大きさ
var dotValue=200;//ぷつぷつの数
//
for(var st=1; st < areaDevide+1; st++){
  try{
    var areaLayer=doc.layers.add({name:"area"+st});
  }
  catch(e){}
  var areaLayer=doc.layers.itemByName("area"+st);
  for(var dt=0; dt < dotValue; dt++){
    var dotObj=doc.ovals.add(areaLayer);
    dotObj.geometricBounds=[0,0,dotR,dotR];
    switch (gDirection){
      case 73 :
        dotObj.move (undefined,[dWidth/areaDevide*st*Math.random(),dHeight/areaDevide*st*Math.random()]) break;
      case 82 :
        dotObj.move (undefined,[dWidth*Math.random(),dHeight/areaDevide*st*Math.random()]) break;
      case 46 :
        dotObj.move (undefined,[dWidth/areaDevide*st*Math.random(),dHeight*Math.random()]) break;
    }
    dotObj.fillColor="Black";
    dotObj.strokeColor="None";
  }
}
 
comments powered by Disqus
back to top