:note

セルのオーバーフロー具合を確認(するだけ)

InDesignでの cellsObj.contents と cellsObj.texts[0].contents の違いの話題があったので書いてみる。

オーバーフローしたセル内の内容がどんだけオーバーフローしているかチェックのための豆スクリプト。

どこにあるかチェックも解除もしません。

セルを選んで実行すると、オーバーフロー内容を [ ] でかこみ、文字数を確認するだけ。長体率予測に使えるかな?

セルのオーバーフロー具合を確認(するだけ) /images/2010/09/728-check_only_overflow.jpg
//セル内のオーバーフローの状態を表示
if(app.documents.length!=0 && app.selection.length == 1){
  var selObj=app.selection[0];
  if(selObj.constructor.name == "Table" || "Cells"){
    var alertArr=["overflow info\r"];
    for(var i=0; i < selObj.cells.length;i++){
      if(selObj.cells[i].overflows == true){
        var visCellTxt=selObj.cells[i].contents;
        var fullCellTxt=selObj.cells[i].texts[0].contents;
        var vLength=visCellTxt.length;
        var fLength=fullCellTxt.length;
        alertArr.push(
          visCellTxt+"["+fullCellTxt.substr(vLength,(fLength-vLength))+"]"+"\r" +"overflow "+(fLength-vLength)+"char"+"\r"
          );
      }
    }
  alert(alertArr);
  }
}
 
comments powered by Disqus
back to top