:note

大人のための Scratch 勉強会#2に参加しました

2011-07-19 Tue. 初台の Fjörd さんのオフィスで開催された 大人のための Scratch 勉強会 #2 : ATND に参加しました。

Scratch とは MITが開発している、ブロックをつないでいって簡単なプログラムをつくることのできる教育用プログラミング言語。 Scratch のサイト では作ったものをアップロードして公開・共有することができます。

前回に続いて2度目の参加ですが、今回は @abee2 さんというScratch 普及の中心的人物の参加で、LTや会話の要所要所に裏技、ハックネタが飛び交うとてもディープな会でした。進行もシーケンシャルな感じでなく、いろんな方向へ派生(脱線)しながら網の目状に進んでいくカオスな展開でした。

自己紹介の後、LT

@jishiha さん

「Scratch+ 〜 Scratch を(大人も)より楽しむための方法」 デモを交えた Scratchの概要説明、コドモに教える方法、後半裏技をつかった対戦ゲームの作り方など

@Peak さん(カシマ兄弟のお父様)

「カシマ兄弟がScratchをはじめたきっかけ」 カシマ兄弟( takumi2000satoru2003 )とよばれている、すごいプログラミングをするコドモたちがScratchを始めたきっかけなどについて

Scatchを使ってから、物事を順序立てて考えられるようになった 英語の勉強へ誘導!(コメントは英語でつけることが推奨されている。コミュニケーションの壁)

(賞をあたえるシステムがある?) Scratchのサイトは評価のための多様性が備わってる

  • 注目プロジェクト / Featured Projects(とてもよくできている、みんなが見に来る、とても名誉な事。大人視点)
  • 次の人が選んだプロジェクト: [userid] / Projects Selected by [userid](ユーザのコドモたちがキュレーターとなって評価する。コドモ目線)
  • スクラッチデザインスタジオのプロジェクト / Projects from Scratch Design Studio(お題に対してみんなで解いていく)
  • What the Community is Remixing(コドモ主催でのコンテストのようなもの)
  • What the Community is Loving(コドモたちが大好きな作品、大人にとってはとても馬鹿馬鹿しいものが多いけど)

@milligramme

「Scratch予備軍の育て方 〜対象年齢以下のコドモにつかわせてみて」 4歳児に Scratch をいじらせてみた内容をLTしまいした。

LTの資料はScratchでつくった。動作をキーボードにマッピングしてたのでムービーに

@rin_mu さん

「IT新人研修の課題と Scratch」 プログラミング言語からアルゴリズムを切り離して学習するのに Scratch が有効なのでは?という話 実際には、Scratchでは(意図的に?)再帰処理ができない、関数がない、インスタンスの動的生成ができないなどがあるけれど、限定的な使い方ではあっても、視覚化されていて処理の流れがわかりやすくていいと思いました。興味の持たせる原動力として有効かと。

参考リンク Build Your Own Blocks (BYOB) Panther - based on Scratch - Home

@abee2 さん

センサーボード、フィジカルコンピューティングについて

Scratch をコントロールするためのセンサーボード。 センサーボードで遊ぼう « こどもプログラミングサークル‘スクラッチ’ このセンサーボード、公式センサーボードは 10,000円(高い)、スイッチサイエンス製 5,000円(まだ高い)。これらはいずれも完成品。 そこで、なのぼ〜ど 1000円!(ハンダ付けキット) コドモにハンダ付けは難しいんでは?→ ワークショップでコドモたちにハンダ付けさせたところ、参加者すべて完動。先にデモを見せると、なのぼ〜ど を作りたくなる

Scratchには元々センサーボードを使う仕組みが用意されてる → 「しらべる」カテゴリ

ついてるセンサー

  • 光センサー
  • 音センサー
  • タッチセンサー
  • スライダー
  • 抵抗センサー

センサーボードでネコちゃんをぐりぐりするの図

大人のための Scratch 勉強会#2に参加しました /images/2011/07/IMG_6126a.jpg

使い方はいろいろ、アイデア次第 → 音センサーとスライダー = トロンボーンのシュミレーター

センサーボードいろいろできるが、理科の実験に使ってもコドモたちはおもしろくない(大人はたのしいかも) → 面白い遊びが理科の実験になればそっちの方がいい。

キット販売予定 → 送料込み1500円!7/20はじまったようです。 なのぼ~ど 頒布はじめました « ちっちゃいものくらぶ 7/21初回ロットが完売したようです

デバイスのコントロールできるもの → Squeak/Scratch+ロボットに関する情報 Roombaのコントロールは感動的

Editメニューにある “Show Motor Blocks” 「モーターのブロックを表示する」は Legoの WeDo のためのもの

当日教えてもらったHack

普通じゃない Scratchにする

→ SCRATCH の R を Shift + Click すると裏メニューが出現して Scratch を拡張できる

ChangeLogのようなもの

→ Fileメニューをシフト押しながらプルダウン “Write Project Summary” でテキストファイルを保存、開いてみると保存履歴などが見られる

大人のための Scratch 勉強会#2に参加しました /images/2011/07/2011-07-21-scratch.png

見た目の変更 → Scratch/locale/xxxxx.po ファイルをテキストエディタで無理やりひらいて、編集するとフォントやサイズを変更出来る 例)文字サイズ、msgstrに数値を(もともとは1.3だった)

# Scale to apply to font size (2 for twice as large)
# Use this if the font is too small for legibility on the Scratch interface
msgid "Font-Scale"
msgstr "1.0"  

例)フォントの変更、msgstrにフォント名を入力

# Font to use on a Mac system
msgid "Mac-Font"
msgstr ""  

くわしくは Scratch Wiki

Scratch記事がのります 日経ソフトウエア9月号(2011年7月23日発売) ●特集3 楽しく作ろう! 「親子で始めるゲームプログラミング」 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/MAG/20110621/361574/

フォーラム日本語版ができた href=“http://scratch.mit.edu/forums/viewforum.php?id=52">Scratchフォーラムの日本語版ができた、みんなで盛り上げよう。

そして、なんと Fjörd さんの好意により、 第1第3火曜日に「大人のための Scratch 勉強会」が定期的?に開催されることになりました 大人のための Scratch 勉強会 #3 : ATND 大人のための Scratch 勉強会 #4 : ATND

@jishiha さんお疲れさまでした。 @machida さん @komagata さんありがとうございます。今後ともよろしくお願いします

 
comments powered by Disqus
back to top