:note

Cli

cliでタイマー

sleepコマンドとsayコマンドをつかった適当タイマー % sleep 5 && say "Time's up" terminal-notifier をいれて通知も追加してみる。 timer.sh #!/usr/bin/env bash if [[ $# == 1 ]]; then sleep $1 terminal-notifier -message "Time's up. $1 sec" -title TIMER

/dev/nullになげる書き方

個人的に一番わかりやすいとおもったので、メモ >/dev/null で STDOUTをすてる % echo "hello" >/dev/null % &>/dev/null で STDERR をすてる % hello_command zsh: command not found: hello_command % hello_command >/dev/null zsh: command not found: hello_command % hello_command &>/dev/null % &>/dev/null と >/dev/null の違

treeのインデント

The Tree Command for Linux Homepage で階層出力する時に、特にオプションを設定しないと見た目にはかわらないのだけど、 インデントが 0xa0 NO-BREAK SPACE になっていて使いづらいので -A オプ

diffコマンドで +− 表記

diff コマンドの比較 デフォルトだと < と > で旧新を表現している git diff のときみたいに - と + にしたい % diff OLDFILE NEWFILE % diff OLD.txt NEW.txt 10,15c10,15 < 68.9999999997305, < 94.4999999999361], < visibleBounds:[20, < 20, < 68.9999999997305, < 94.4999999999361], --- > 90, > 89.2499999999361],

peco

peco/peco をためす brew install peco pecoで複数行選択 - 鈍足ランナーのIT日記 ctrl + space が Spotlight検索とかぶってたので変更 git tag | peco | xargs git diff --name-only ftpで差分

back to top