:note

Nodejs

nvmからnodebrewに乗り換え

ターミナルまわりがもっさりするのが、nvmの $NVM_HOME/nvm.sh が原因ぽかったので、 node.jsのバージョン管理を creationix/nvm: Node Version Manager - Simple bash script to manage multiple active node.js versions から hokaccha/nodebrew: Node.js version manager に

InDesign.jsxでdate-util.jsを使う

JerrySievert/date-utils: Date Pollyfills for Node.js and Browser 適当な場所に date-utils/date-utils.js を配置して実行。 #include "/path/to/date-utils.js" #target "indesign" var dt = new Date(); var datetime = dt.toFormat("YYYY-MM-DD-HH24-MI-SS"); $.writeln(datetime); // => 2016-06-16-10-24-41 minifyされた date-utils.min.js の方は案の定エラーになる。

node.jsのアップデート

放置気味だった node.js環境を更新 nvm自体をアップデート % cd ~/.nvm % git pull origin master % nvm --version 0.29.0 v4, v5, v6系をインストール v4.2.1->v4.4

ElectronとNative Module

以前作った Electron を流用して新しい Electron アプリを作るときに、 Module versionの不一致というエラーがでて対処法をしらべた 46がv4, 47がv5ということ

Pow の調子が悪いとき

Powの調子が悪いとき node.js のプロセスを調べて killしたらいい $ ps aux | grep [n]ode # => milligramme 135 100.0 0.0 3318912 180 ?? R 水09AM 92:43.73 /Users/milligramme/Library/Application Support/Pow/Versions/0.3.2/bin/node /Users/milligramme/Library/Application Support/Pow/Versions/0.3.2/lib/command.js $ kill -9 135 Macbook Airをシャットダ

back to top